マーチャンダイザー なるには

MENU

マーチャンダイザーになりたい

マーチャンダイザー なるには

数多くある職種の中にはマーチャンダイザーと呼ばれる仕事があります。
通説では特定の商品を仕入れ販売まで一貫して担当することになり、商社や卸業務などを行う企業で使われる内容です。

 

しかし、実際にマーチャンダイザーとして求人募集を行っている企業の多くはメーカーになる場合があり、メーカーが自社製品として販売しているアイテムを、小売店を対象として効率良く販売できるように業務を遂行することが一般的です。
マーチャンダイザーになるには求人情報を得ることが必要ですが、新聞の求人欄などにも頻繁に掲載されることもあり、一般的な求人誌やインターネットの求人情報でも目にすることはできます。

 

マーチャンダイザーとして活躍をするには、流通業としての一定の知識を持つことが大切です。
商品の入手ルートを把握して、末端のお客様に販売するまでの流通システムを学び、同時に販売促進についての技量も大切です。
一般的にはノウハウに関しては各メーカーで既に用意をしていることになり、担当する売り場やエリア、在庫管理の方法、品出しの手順、販売促進用のツールなども予め決められていることが多い傾向にあります。
応募の際には志望動機も大切になりますが、志望動機として有効な内容は多く、例えば取り扱い商品に対して愛着を持っていることや、既に流通業の経験を持っていること、未経験者であっても時間管理や自己管理をしっかりと行うことに自信を持っている方であれば、十分に志望動機として挙げることができます。