アパレルの仕事は超激務って本当?

MENU

アパレルの仕事は超激務って本当?

アパレルの仕事は超激務って本当?

アパレルの仕事はとても大変そうに思えます。
求人が多いのも特徴で、よく求人誌にたくさん募集が記載されているをみかけます。
その募集内容を見てもきっちり8時間労働が当たり前で厳しそうだなあという印象を受けます。
その時の流行を掴むことはもちろん、お客様相手に接客をこなさないといけないので
人と接することが好きな人じゃないと無理だと思います。
店員さんはそこのお店で売り出している服を自分で購入し自ら服を着ながら洋服をアピールし
服を売らなくてはいけないと聞いたことがあります。
そのお洋服代は自腹なのでそれってすごく大きな出費ですよね。
もちろん自分の好きなブランドだし社員割引もあると思いますがアパレルで働くとそんな暗黙のルールがあるなんて正直怖いです。
そして高いハイヒールを履きながらの接客、私には考えられません。
ヒールはずっと履いていたら足が痛くなって悲鳴をあげてしまいます。足のむくみもすごいことでしょう。
そしてアパレル業界で働くとまず痩せなければいけない、というのも聞いたことがあります。
モデルのように痩せて服を着こなし、その服をアピールすることが求められるそうです。
接客のルールも厳しそうなイメージがあります。かといって給料は高くない。
なのでそれでもアパレルの仕事が好きでこの仕事をやめられない!という人は本当にすごいなと思ってしまいます。
きっとそういう人は流行に敏感でおしゃれが好きな人なんだろうなあと勝手に想像しています。