アパレル正社員として40代、50代でも働いて食べていける?

MENU

アパレルの正社員として食べていくということ

アパレル正社員として40代、50代でも働いて食べていける?

アパレルの正社員として働きたいと考えているのですが、アパレル業界って若い人ばかりのイメージが強く、
40代、50代になってもきちんと働いて生活していけるのかどうか心配です・・・。

 

華やかなイメージのファッション業界ですが、ちゃんと安定した収入が得られないと辛いですよね。
年をとってからもきちんと働いていけるのかどうかについて、アパレル業界で働く先輩に聞いてみました。

 

40代、50代でも働いていくことは可能だけど実力が大事

 

先輩に聞いてみたところ、アパレル業界でも40代、50代でもきちんと働いていくことは可能みたいです。
販売員として40、50、60代でも現役で働いている人も数え切れないほどいるし、
販売員以外の仕事としてアパレル業界で仕事をしている人もいっぱいいるそうです。

 

アパレル企業の正社員として働いている人もいるし、派遣という立場やパート、アルバイトなど立場は様々のようです。
企業の正社員といおうことえあればお給料も年齢にともなって上がってくるし、40代、50代でも生活していくことは可能だそうです。
会社の規模にもよるけど年収は300〜400万ぐらいはもらえるそうで、決して高収入とはいえませんが
生活していく分には十分といえそうです。
派遣の場合、トップレベルなら時給2000円ぐらいはもらえるのだとか。

 

正社員という立場にしろ、派遣、パート、アルバイトという立場にしろ、
40代、50代でも働いて食べていくためには当然のことながら実力が大事ということみたいです。
とくにアパレル販売員の場合には売上をつくることが出来る実力が最重要らしいです。
売上の成績を残す実力をつけるためには、アパレルの基本的知識と最新知識をみにつけていることが大事なのだとか。

 

そして何より大事なのは、初対面の人と臆することなく会話が出来て、
その会話の中からお客さんのニーズを汲み取って柔軟な対応が出来ることだそうです。
アパレル正社員として長く働いていくためには、こういったことをしっかりと勉強していく必要があるということみたいです。

 

40代、50代でもアパレル正社員になった人達は結構いるようです。
アパレル正社員を目指すならファッショーネという専門サイトをおすすめします↓